LOADING

ハピたの通信

News

日々の出来事

なかよしだより

DATE

☆寒さが身にしみる季節になりました。寒いけど、まだ外あそびしています。子どもたちは「外あそびまだ?」「ねえまだ?」と言い、わーっ!と外に飛び出していきます。「子どもは風の子」とはよく言ったものだ。職員はぶるぶる震えながらおつきあいしますが、お迎えにきた方から「寒い中見守り大変だと思いますが、少しでも外に出るといいですね-」と言われると、鼻水ズルズルの苦労もふっとぶわ~、うれしいなぁ~と思います。

 

 

☆この前、1年生の女の子に「テベリみていい?」と聞かれたのです。(テベリ・・・?)テベリって?・・・「あぁ!」テレビね♡ かわいかった~。かわいくて、ぎゅっとしました。そんなかわいい1年生たち、今は宿題で「さくらんぼ」に集中。引き算で「13-5」の場合13を「10と3」に分けるのが「さくらんぼ」なんですね。時々「これであってる?」と聞かれて、「えーと、えーと」まごまご。私達の老いた脳に良い刺激を与えてくれています。

☆2年生の女の子が玄関のガラスにかわいいものをつくって飾ってくれました。誰かがお願いしたわけではなくて、自分で、楽しみながらあれこれ飾ってくれました。とってもうれしかった~。4年生の男の子は帰ってくるなり「おれ、今日はやることあるんだ」と言ってなにやら黙々と作り始めました。「今日はやることある」って、なんだかとてもいい。1年生女の子たちは、「息をしないオニごっこ」をしていましたよ。どんなオニごっこだ?   こんなことが毎日たくさんあります。

< PREV

たのしかったね!子どものあそび場商店街